2014年度―小学校中学年(小学3~4年生)の課題図書

小学校中学年の課題図書

2014年度(平成26年)

ともだちは、サティー! (Green Books)

オレはツトム、小学5年生。夏休み、はじめての海外旅行のネパールでわくわくしてたのに、突然の宣告。「おまえは村で仕事をしてもらう。放牧や」しかも、村の少年パニとふたりきり!?絶対にいやや!あいつはなまいきで、言葉も通じないんやぞ!(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

ともだちは、サティー!

大塚篤子/作
タムラフキコ/絵
小峰書店

 

ただいま! マラング村: タンザニアの男の子のお話 (児童書)

ツソはアフリカのタンザニアにすむ小さな男の子。おにいちゃんといっしょに、キリマンジャロ山のふもとの村にある、おばさんの家でくらしていますが、食べ物は少ししかもらえません。あるばん、ツソはおにいちゃんと、夜中に家をにげだして、バスターミナルのある町にたどりつきました。ここからバスに乗って、もっと大きな町へ行くのです。ところが、人ごみでおにいちゃんのすがたが見えなくなって…?路上でくらすことになった男の子が、ふたたびふるさとをたずねるまでをえがく、実話にもとづいた物語。小学校低・中学年~。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

ただいま! マラング村: タンザニアの男の子のお話

ハンナ・ショット/作
齊藤木綿子/絵
佐々木田鶴子/訳
徳間書店

 

ちきゅうがウンチだらけにならないわけ (福音館の科学シリーズ)

地面の上や水の中、木の上や空から…生きものはみんな、いろいろなところでウンチをします。こんなにみんながあちらこちらでウンチをしたら、地球はウンチだらけになってしまうのでは?誰もが一度は心配したことがあるこの問題をとおして、自然界でのウンチの役割を考えてみましょう。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

ちきゅうがウンチだらけにならないわけ

松岡たつひで/作
福音館書店

 

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純 (ヒューマンノンフィクション)

「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師原田正純。原田先生は世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けました。過去を知り、未来に生かすことの大切さを伝える原田先生からの最後のメッセージ。(「BOOK」データベースより)

表紙 作品名 著者/出版社

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純

三枝三七子/文・絵
学研教育出版

 

 

  • はてなブックマークに追加